xawtv

(2001年2月4日更新)

IOデータ機器のGV-VCPにはBT848というチップが使われています。これをGNU/Linux systemから使えるようにするためにまず/etc/modules.confの内容に下記を加えました。


alias char-major-81 bttv
pre-install bttv modprobe -k tuner
options tuner type=2

xawtvはxawtv Homepageで取得しました。これを下記のようにしてRPMパッケージを作ってインストールしました。


rpm -ta xawtv-3.19.tar.gz
rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/*.rpm
/dev/MAKEDEV video

しかしこれでxawtvを起動するとPALになってしまうので~/.xawtvを新たに作りました。内容は下記の通りです。


[global]
freqtab = ntsc-bcast-jp

[defaults]
source = Television
norm = NTSC

これで起動時からNTSCになりました。Video4LinuxではVideo for Windowとは違ってTVチューナーがサポートされています。しかしGV-VCPにはTVチューナーの機能がないので、設定はこれでオシマイです。

その後POWERCOLORのMTV878というTVチューナーとラジオ付きのビデオキャプチャカードを買いました。これはBT878というチップを使っています。これをGNU/Linux systemから使えるようにするためにまず/etc/modules.confの内容に下記を加えました。


alias char-major-81 bttv
pre-install bttv modprobe -k tuner
options bttv card=10 radio=1
options tuner type=2

理由はわかりませんが「card=10」にすると音が出ない問題が解決します。下記の「bttv ドライバで音は?」を参考にしました。

~/.xawtvには新たにチャンネルの設定などを加えました。


[global]
freqtab = japan-bcast
mixer = line

[defaults]
capture = grabdisplay
norm = NTSC-JP
source = Television

[NHK General]
channel = 1

[NHK Education]
channel = 3

[NTV]
channel = 4

[TBS]
channel = 6

[Fuji]
channel = 8

[Asahi]
channel = 10

[Tokyo]
channel = 12

[Video]
source = Composite1

静岡市北部では下記のようになります。


[global]
freqtab = japan-bcast
mixer = line

[defaults]
capture = grabdisplay
norm = NTSC-JP
source = Television

[NHK General]
channel = 47

[NHK Education]
channel = 49

[SBS]
channel = 45

[NTV]
channel = 39

[Asahi]
channel = 41

[Fuji]
channel = 43

[Video]
source = Composite1

戻る