USBマウス

(2001年5月29日更新)

Vine Linux 2.1.5ではUSBに標準で対応しているので楽でした。/etc/usbmgr/usrmgr.confには私が使っているマウスに関する記述がなかったため、dump_usbdevを実行して、値を確認して下記の記述を加えました。


# Microsoft Intellimouse Optical Technology
vendor 0x45e product 0x25 module hid, mousedev

そしてusbmgrを起動するようにすればOKでした。しかしGNOME Control Centerのマウスの設定を変更してもマウスの速度が変更できませんでした。そこで/etc/X11/XF86ConfigのUSBマウスに関する記述を下記のようにコメントアウトして無効化しました。


# **********************************************************************
# XInput section
# **********************************************************************

#Section "XInput"
#  Subsection "Mouse"
#     Protocol "IMPS/2"
#     Port   "/dev/input/mice"
#     Device "/dev/input/mice"
#     DeviceName "Mixed USB Mouse"
#     ZAxisMapping 4 5
#     AlwaysCore
#  EndSubsection
#EndSection

さらにPS/2マウスに関する記述を下記のように変更しました。Deviceの1行を/dev/mouseから/dev/usbmouseに変更しました。これでGNOME Control Centerでマウスの設定の変更ができるようになりました。


# **********************************************************************
# Pointer section
# **********************************************************************

Section "Pointer"
    Protocol    "IMPS/2"
#    Device      "/dev/mouse"
    Device      "/dev/usbmouse"
    ZAxisMapping 4 5

# When using XQUEUE, comment out the above two lines, and uncomment
# the following line.

#    Protocol   "Xqueue"

# Baudrate and SampleRate are only for some Logitech mice

#    BaudRate	9600
#    SampleRate	150

# Emulate3Buttons is an option for 2-button Microsoft mice
# Emulate3Timeout is the timeout in milliseconds (default is 50ms)

#    Emulate3Buttons
#    Emulate3Timeout    50

# ChordMiddle is an option for some 3-button Logitech mice

#    ChordMiddle

EndSection

戻る