TiMidity++

(2002年3月5日更新)

奥村晴彦先生のTiMidity++に関するページを参考にしました。通常のインストールと同様に


cd /tmp
tar xvzf TiMidity++-2.11.3.tar.gz
cd TiMidity++-2.11.3
./configure --enable-gtk
make install

としました。しかしこれだけでは不十分なのでTimidity GUS/patchからguspat-20000706-aa.tar.gzからguspat-20000706-ap.tar.gzをDownloadしました。そしてそれらを展開して/usr/local/shareに移動させました。

Vine Linux 2.5のRPMからTiMidity++をインストールするときには/usr/shareに展開します。また/usr/share/timidity.cfgを編集してパスを/usr/local/shareから/usr/shareに変更します。


戻る