Samba

(2001年1月8日更新)

/etc/smb.confを下記のように編集しました。ユーザーディレクトリを共有するだけです。

「hosts allow = 192.168.0./24」で192.168.0.0〜192.168.0.255からのアクセスだけを認めるようにしました。またcreate mode、force create mode、directory mode、force directory modeで新規に作られるファイルとディレクトリの属性を一定にしています。(create modeとdirectory modeはAND演算でforce create modeとforce directory modeはOR演算)

さらにプリンタも共有するようにしました。共有されるプリンタはフィルタを使わず、直接プリンタにデータを出力します。


[global]
    workgroup = WORKGROUP
    server string = Samba %v
    security = user
    encrypt passwords = yes
    socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
    os level = 65
    dns proxy = no

    client code page = 932
    coding system = cap
    hosts allow = 192.168.0./24


[homes]
    comment = %U's Home directory
    read only = no
    browseable = no
    path = %H
    create mode = 0664
    force create mode = 0664
    directory mode = 0775
    force directory mode = 0775


[printers]
    comment = All Printers
    path = /var/spool/samba
    print ok = yes
    browseable = no

初めはSambaのパスワードとログイン時のパスワードは同じだと思っていたのですが、Sambaのパスワードとログイン時のパスワードは別物のようです。そのため正しいIDとパスワードでもユーザーディレクトリを共有できませんでした。「smbpasswd -a iwm」とするとユーザーiwmのパスワードを追加できるようです。

WindowsのIDとパスワードをSambaのパスワードと同じに変更したところパスワードを入力するダイアログも表示されなくなりました。


戻る