ALSA

(2001年2月10日更新)

RPMではなくALSAのサイトからソースをDownloadしてインストールしました。ドライバ、ライブラリ、ユーティリティを下記のようにコンパイルしてインストールしました。


cd /tmp
bzip2 -d alsa-driver-0.5.10.tar.bz2
tar xvf alsa-driver-0.5.10.tar
cd alsa-driver-0.5.10
./configure --with-sequencer=yes --with-isapnp=yes
make install

cd /tmp
bzip2 -d alsa-lib-0.5.10.tar.bz2
tar xvf alsa-lib-0.5.10.tar
cd alsa-lib-0.5.10
./configure
make install

cd /tmp
bzip2 -d alsa-utils-0.5.10.tar.bz2
tar xvf alsa-utils-0.5.10.tar
cd alsa-utils-0.5.10
./configure
make install

Linuxマシンのマザーボード、GA-586SGM(Gigabyte)にはYAMAHAのOPL3SA2というチップが搭載されているのでこれを使えるように設定します。ネットで検索して同じくOPL3SA2を使っている人を見つけたのでその設定を参考にしました。

/etc/conf.modulesの内容に下記を加えました。


alias char-major-116 snd
alias char-major-14 soundcore
alias snd-card-0 snd-card-opl3sa2
alias sound-slot-0 snd-card-0
alias sound-service-0-0 snd-mixer-oss
alias sound-service-0-1 snd-seq-oss
alias sound-service-0-3 snd-pcm-oss
alias sound-service-0-8 snd-seq-oss
alias sound-service-0-12 snd-pcm-oss
options snd snd_major=116 snd_cards_limit=1
options snd-card-opl3sa2 snd_index=0 snd_id="OPL3SAx"\
        snd_port=0x370 snd_wss_port=0x530 snd_midi_port=0x330 snd_fm_port=0x388\
        snd_irq=5 snd_dma1=0 snd_dma2=1

さらに「chkconfig --add alsasound」でサービスが起動するようにしました。

i815Eというチップセットが使われているマザーボード、GA-6OXM7E(Gigabyte)に変更したため/etc/conf.moduleも変更しました。今度はalsaconfを使って設定しました。alsaconfによる/etc/conf.moduleの内容は下記の通りです。


# --- BEGIN: Generated by ALSACONF, do not edit. ---
# --- ALSACONF verion 0.4.3b ---
alias char-major-116 snd
alias snd-card-0 snd-card-intel8x0
alias char-major-14 soundcore
alias sound-slot-0 snd-card-0
alias sound-service-0-0 snd-mixer-oss
alias sound-service-0-1 snd-seq-oss
alias sound-service-0-3 snd-pcm-oss
alias sound-service-0-8 snd-seq-oss
alias sound-service-0-12 snd-pcm-oss
options snd snd_major=116 snd_cards_limit=1 snd_device_mode=0666 snd_device_gid=0 snd_device_uid=0
options snd-card-intel8x0 snd_index=0 snd_id=CARD_0 snd_pbk_frame_size=128 snd_cap_frame_size=128 snd_mic_frame_size=128
# --- END: Generated by ALSACONF, do not edit. ---

戻る